一歩踏み出すとChange the World!

こんばんは。
演技力向上プロデューサーの並木です。

今日は
一歩踏み出すと世界が変わる
というお話をします。

あなたは「自分の知らないこと」
「未知の体験」に一歩踏み出すことはできますか?

何か「良いかもな」と思っていても
何か躊躇してしまって、あれこれ考えてしまい、
気が付いたらそのチャンスを失っていたという経験はありませんか?

 

結構みんなあると思うんです。

 

 

でも、それってしょうがないことなんですよね。
あなたが悪いわけではありません。

 

なぜなら人間の本能ってそうなってるから。

自分の知らないこと、未知の事には恐怖を感じて
恐怖を感じたものには近づかないというインプットがされているから。

脳の役目というのは「成功」するのではなく
「生き残る」「現状維持」をすることが目的です。

だから、変な話、
脳はあなたが成功しようが成功しまいが関係ないのです。

ただ、あなたの体を保持できていればそれで満足なのです。

 

実はここに「成功する人」と「成功しない人」の違いがあります。

 

「成功する人」というのは
未知の世界にどんどんチャレンジをして
なにかうまくいかなくても工夫をしてやり遂げる人です。

「成功しない人」というのは
未知の世界には飛び込まず
今までの慣れ親しんだ場所から動かず
ちょっと挑戦はしようと思うけれども
何かうまくいかないとすぐにやめてしまう。

そしてちょっとわかったと思いますが
後者は「脳の本能」に忠実なのです。
つまり「危険回避」「現状維持」が脳の本能だからです。

そしてどの世界でも成功する人はこの反対を行います。
つまり「冒険」「現状打破」。
脳が「ちょっと怖いな」「不安だな」と思う事にあえて挑戦していくのです。

そして世の中では成功する人としない人の割合は
20:80に分かれます。

つまり、それだけ成功している人が少ないということは
みんな脳の本能に忠実なんですよね。

 

でも、ここでちょっと考えてみましょう。

 

 

人生は一回しかありません。

そして「今」という時間は今しかないし、
今はあなたの意識がある中で一番若い時間です。

あなたはこの時間をどう使いますか?

現状維持だけに使うのか?
それとも挑戦をして一歩踏み出していくのか?

それはあなたの自由です。

 

私はもともと「現状維持」の人間でした。

とにかく大変なことは嫌いだし
面倒なことも嫌いでした。

 

でも、そんな自分がちょっと嫌になってきたので
単身海外に行くことにしました。

海外では日本とまったく違うので
「大変」と思う事の連続です。

 

周りには日本人がいないし
日本語がわかる人も一人もいないから
まさに挑戦の連続でした。

 

それが1年間ですからね。

でも今からして思うのは
あえて「難しいこと」に飛び込んだからこそ
今の自分があると思っています。

それがあったから普通の人が体験できない体験や
そこから得られる考え方が成長できました。

 

「現状維持」の頃の自分とは全く違う世界が見えるようになりました。

なので私からのお勧めは
是非困難なことに挑戦する意識を持ってみてください。

そしてその困難を何としてでも乗り越えようとしてみてください。

そこにあなたの大きな成長があります。

 

人はそれぞれ無限大の可能性を持っています。

それに気づくか気づかないかは「どれだけ挑戦したか」に比例するのです。

この記事もおすすめ

PAGE TOP