私がこの演劇ワークショップに参加した理由は、以前から「やりたい!」と思っていた表現活動をやらずに年を取るのは嫌だったからです。
それまで、自分に自信が持てずにいたのですが、自分で決断をして一歩踏み出したことで達成感と自信が持てるようになりました。

 

そしてこの演劇ワークショップで自分としっかりと向き合うことができて、内面の成長にとても繋がりました。

このワークショップの雰囲気はありのままの自分でいられる空間です。
誰かの顔色を窺ったり、かっこつけたりしなくても素のままの自分で演技が学べる空間です。
とてものびのびと演技の練習ができる空間です。

一人一人の成長を見守ってくれている感じがします。

難波講師は良い意味で「講師っぽくない人」です。

通常、講師というと偉そうだったり、上から目線だったりしますが、
難波講師は私達俳優と同じ目線になって話してくれるので、とても話しやすいです。

演技指導で見る所は一緒に見てくれるけど、一緒に演技を楽しんでくれる人です。
現役の俳優さんでもあるので、アドバイスが的確で、教わった通りにやっていくとどんどん変わっていくのが実感できます。

これから演劇ワークショップを受けることを迷っているのであればやった方が良いです。
演技力を高めたい方はもちろん、自分に自信がない、これから自分はどうしよう?と思っている方にもおすすめです。

やろうと思いながら一歩を踏み出せずに時間を過ごしてしまうのはもったいないと思います。
私はやりたいと思ったことに一歩踏み出して、自信のない自分の殻を破ることができました。

「人生やったもの勝ち」と教えられましたが、本当にそうだと思います。
迷っている方は是非踏み出すことをおすすめします。

将来の夢は自分の好きなことをして生きていきたいです。
その為の形をどんどん作って後悔のない人生を送っていきたいです。

PAGE TOP